パーソナルBASEカラーとは

色彩用語において、ベースカラー(base color)とは

『基調色のことで、配色構成要素の一つ』です。(出典:よくわかる色彩用語ハンドブック第2版)

つまり、配色において主役的な色で、大きな面積の色がベースカラーにあたります。

 

ところが同じ言葉でも、パーソナルカラーに関連したところでは意味の捉え方が少し違います。

配色において統一感やなじみ感をつくりだすような優勢な色みを意味します。

上記の意味で使用される用語は、カラー分析の方法よってさまざまです。参考までに例を挙げます。

  • イエローベース、ブルーベース
  • ウォームベース、クールベース
  • イエローアンダートーン、ブルーアンダートーン
  • イエロードミナント、ブルードミナント

など。 


カラーディレクションでは、配色における面積で一番大きな色を意味する「ベースカラー」と、パーソナルカラー分析における用語との混同をさけるために、

「パーソナルBASEカラー」と呼称しています。

呼称はオリジナルですが、理論はほかの分析方法と同様、パーソナルカラーの基本となる色彩調和論に基づいています。