色彩検定とカラーコーディネーター検定のちがい

 

 色彩検定

カラーコーディネーター検定 

主催

公益社団法人 色彩検定協会

(略称 A・F・T)

 東京商工会議所

 

特徴

  • 文部科学省後援で、知名度がある
  • ファッション系の色彩に強み
  • 配色カードを使用しながら楽しく学べ、初めて学ぶのに始めやすい
  • カラーシステムPCCSを用いた配色について出題
  • 3.2.1級、認定講師養成制度あり
  • 難易度は色彩検定よりもやや高め
  • 環境や工業製品の色彩に強み
  • 1級はファッション、商品、環境の3分野にわかれ、実務向けの印象
  • カラーシステムCCICを用いた配色について出題
  • 3.2.1級、認定講師養成制度あり

どちらの検定も色彩について幅広く学ぶ内容になっています。上記の表でもお分かりのとおり、検定試験の主催団体が異なるため、検定内容の違いが上級資格になるほど大きくなり、取り上げられる色彩知識に幅がでてきます。

3級まではいずれも大きな違いはないと思われます。若干、カラーコーディネーター検定のほうが広範囲におよぶ色彩学の基礎知識が必要です。

 

いずれを受けるか迷っている方には、まず「色彩検定3級」を受験することをおすすめしています。

配色カードを使用しながら、色彩やその活用方法を学ぶことで、暗記に偏った勉強でなくなります。暗記だけで合格を勝ち得た人に、資格を取ったけれど色の使い方がわからないという方もいらっしゃいます。それではせっかくの学びを活かしきれず残念です。

 

どちらを受験される場合も、カラーディレクションのレッスンはおひとりお一人の状況に合わせ、その時の一番よいやり方で進めていきます。

→「色彩検定」について詳しくはこちらへ

→「東商カラーコーディネーター検定」について詳しくはこちらへ